* MENU *



ロボット コース
流行のロボットプログラミング!

ヴェネットでは、教育版®マインドストーム®EV3を使用し、ロボットプログラミングを実施します。

難しい英数字を使ったプログラミングは一切不要です。
専用のソフトを使用しロボットへの命令が描かれているブロックを組み合わせることで、パズル感覚でプログラムを作ることができます。

簡単なパソコンの操作だけでプログラムが作成できる上に、ロボットを自分で実際に組み立てるところからできます。
考えるだけではなく見て・触って感じることのできる体験型プログラミングコースとなっています。


受講対象

受講対象は以下の通りです。

対象 授業時間
小学生: 3年生~6年生 , 中学生以上 80分授業


授業の流れ

本コースでは、必ずプログラミングの基礎学習を受けていただいた後に、本格的なロボットプログラミングを行います。

step 1 基礎学習
はじめに、ロボットの組み立ておよびロボットプログラムに関する基礎知識を養います。

step 2 応用学習
2ヶ月に1回変更されるテーマに沿って、作品を制作します。また作った作品を発表(プレゼン)していただきます。

Ⅰ.基礎学習

  • 1.基礎学習

  • 2.プログラミング

  • 3.振り返り

ロボットの組み立から学ぶ基礎学習!

1から自分で作ることでより深い理解を
ロボットプログラミングを学習するためには、作ったプログラムで動くロボットが必要になります。
本学習は、そのロボットの組み立てからプログラミングまですべて生徒自身に行ってもらいます。

ロボット組み立て資料を見ながらパーツを組み立てるため、特別な知識は必要ではありません。

組み立てていく中でパーツの名前や役割、1つ1つのパーツのつながりを考えることを、ものづくりとして楽しみながら経験できます。

パズル感覚でもしっかり理解させるプログラムの基礎
ロボット組み立て後にすぐに動かすプログラムを作ることは行いません。

ブロックにはそれぞれ異なる意味(命令・処理)があります。
その1つ1つの意味・使い方を理解した後で簡単なロボットを動かすプログラムを制作していきます。

自分で組み立てたロボットが自分の考えた通りに動くことを楽しみながらプログラムの基本となる考え方を学びます。

Ⅱ.応用学習

  • 1.合同授業

  • 2.発表

  • 3.振り返り

学んだことを生かして自分だけのロボットを作ろう!

複雑な動きをロボットにさせたい…。
ロボットを自分の好きなように動かしたい…。
そんな思いを叶えるためには、ブロックの意味を理解しただけでは不十分です。

本学習では、決まったテーマの作品を制作する授業になります。
テーマは2ヶ月に1回のペースで変更します。
基礎学習で学んだ力を生かし、生徒が作りたいと思う作品を作っていきます。

ロボットを自分の思い描いた通りに動かすプログラムを、1から考え作ることはとても難しいことです。

必ずうまくいかないことが出てくるはずです。
もちろん私たち講師は解決するためのヒントは教えます。
しかし答えは決して与えません。

なにが問題なのか、どこが間違えているのか、どう改善すればよいのか。
自分の頭で考え、時には自分の体を動かして問題を解決していくことで、応用力だけではなく論理的思考・問題解決能力を身につけてもらいます。

プログラミングに正解はありません。
子供たちの柔軟な発想・豊かな想像力で世界で1つだけの作品を作る手助けをします。

作った作品をみんなに発表(プレゼン)しよう!

応用学習で作成した自分の作品を講師・その他生徒の前で発表(プレゼン)していただきます。

自分の作品でどこを工夫したのか、どんな問題が出てどんな方法で解決したのか、そういった内容を自由に発表してください。

もちろん、発表内容や発表の仕方、資料作りなど生徒自身ですべて準備してもらいます。

自分ではない誰かにわかりやすい説明をするためには、発表に使う言葉や話す順番、プレゼン資料の書き方、どんなデモをするかなど考えることがたくさんあります。

この経験をすることで人へ説明するプレゼン能力に合わせ、相手に合わせ対応する臨機応変さを身に着けてもらうことが狙いです。

2017/07/02